上林誠知の仙台育英時代のエピソード!涙を流した意味とは?

どうも管理人のたいがだ。

 

今回紹介する選手は、ソフトバンクホークスで大活躍している上林誠知選手について記事を書いていこうと思っている。

 

ソフトバンクホークスでは、主に2番打者を打っているがもうチームには欠かせない選手の一人となっている。

 

上林誠知選手と言えば、全国屈指の野球強豪校である仙台育英高校出身であるがネットで検索してみると高校時代のエピソードや涙を流した意味などが検索されていたんだ。

 

では、高校時代にどんなエピソードがあったのか紹介していこうと思う!

また、関連記事でも上林誠知選手のことについて記事を書いているので是非見て欲しい!

 

【関連記事】

上林誠知の彼女の名前や年齢は?馴れ初めにや家族についても!

上林誠知の弟は東海大菅生出身?名前やポジションと高校時代の成績も!

上林誠知外野手の応援歌の歌詞と登場曲の動画は?原曲についても!

スポンサードリンク

上林誠知のプロフィールは?


 

名前    上林 誠知(うえばやし せいじ)

出身地   埼玉県さいたま市桜区 

生年月日  1995年8月1日(22歳)

体重    79キロ 

身長    184cm 

ポジション 外野手 

投打    右投げ左打ち

 

簡単にプロフィールを書いてみたが、埼玉県出身の若きプロ野球選手だ。

まだ20代前半の若い選手であるが、素晴らしいバッティングをする選手の一人。

もうソフトバンクホークスには、欠かせない選手の一人となっているだろうな。

 

では、簡単に野球を始めた経緯を紹介していこうと思う!

 

野球を始めたのは、小学校1年の時になる。

「西堀A-1」というチームに所属していたんだ。

 

野球を始めたのが小学校1年とはかなり早いが、小学1年生で野球を始めたと言うことは親の影響かテレビで野球を見たと言うことが要因ではないかと思う。

 

管理人の俺も、小学校1年の時はテレビの影響でサッカーをしていたんだよな(笑)

 

上林誠知選手が中学校に進学すると、「浦和シニア」に所属することとなるんだ。

 

「浦和シニア」と言えば埼玉県内でもかなり歴史のあるチームであり強豪チームとして知られている。

 

「浦和シニア」は一度だけ全国制覇を成し遂げているが、その時に所属していたのは上林誠知選手であった。

ちなみに中学校3年生の時に成し遂げている。

 

中学校3年の時に全国大会に出場すると言う時点で相当凄いことになるが、この経験は本人にとって大きなアドバンテージとなっただろうな。

 

大舞台で負けたら終了と言う状況の中で、全国制覇を成し遂げた経験は一生忘れることはないだろう。

 

次に高校進学となるが、進路は野球強豪校である仙台育英高校に進むことを決意する。

 

仙台育英高校と言えば甲子園常連校として知られている超野球強豪校である。

 

地元の埼玉県から遠く離れた宮城県に進路を決めたと言うことは今以上に野球を上手になりたいと言う決心の表れだと思う。

 

中学校3年で親元を離れて単身地元を離れるのは相当勇気がいることになる。

これは、地元を離れて就職した人や進学した人は分かるだろう。

 

仙台育英高校に進学したことについては、次のテーマで紹介しようと思う!

スポンサードリンク



上林誠知の仙台育英時代のエピソード!

では、仙台育英高校時代のエピソードについて紹介していくぞ!

 

仙台育英のグラウンドの名前は、「真勝園」といいとても広いグラウンドになるんだ。

両翼は100メートルで中堅は125メートルもあり高校のグラウンドとしてはかなり広い部類に入る。

 

上林誠知選手は、最も深い中堅の125メートルの先にある高さ10メートル以上のバックスクリーンに打球を叩き込んでいた。

 

しかも、高校2年生の時に成し遂げていた記録であり仙台育英高校で20年以上監督をしているんだがここまで運んだ選手は上林誠知選手ただ一人だそうだ

 

とんでもない長距離砲を打っていたんだな。

 

高校1年から4番を打っていたのでさすがのバッティングセンスと言えるな。

 

では、次のテーマにいこうと思う!

スポンサードリンク



涙を流した意味とは?

ヤフーで上林誠知選手を検索すると「涙」と表示されている。

 

涙を流す理由と言えば悲しい時や悔しい時に流すものでありどんな状況であったのか気になったので調べてみた。

 

涙を流した理由は、2017年に開催されたクライマックスシリーズを終えて日本シリーズ出場を決めた喜ばしい日に、上林誠知選手は涙を流していた。

 

クライマックスシリーズで敗退してしまったら、日本シリーズに出場出来ない状況で上林誠知選手は5打席ノーヒットに終わってしまった。

 

クライマックスシリーズの第5戦では、レギュラーを外されたことで優勝を決めたベンチで涙を流してしまったんだ。

 

2017年のシーズンからスタメンを獲得していた上に大事な試合でスタメンを外されたことの悔しさで涙が溢れてきたのだろう。

 

これも人生経験でありこの悔しさをバネにして頑張って欲しい!

 

また2018年のシーズンはクライマックスシリーズまでも出場して欲しいと願う

 

【関連記事】

上林誠知の彼女の名前や年齢は?馴れ初めにや家族についても!

上林誠知の弟は東海大菅生出身?名前やポジションと高校時代の成績も!

上林誠知外野手の応援歌の歌詞と登場曲の動画は?原曲についても!

注目記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください